エディターズダイアリー

健康な毎日を過ごすには歯周病の予防が必要?!

2019.07.18 18:03 更新

▽近年、歯周炎の兆候が認められる方を合わせると日本人の30代以上のおよそ3人に2人が歯周病とされています。歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患とのこと。厚生労働省が3年に1度行っている「患者調査」によると、2011年から2017年の直近6年間でなんと130万人以上も歯肉炎や歯周疾患の患者は増加。その内訳をみると、男性よりも女性の割合が多いことがわかります。

歯周病は口の中だけの病気だと思われがちですが、実は全身の健康にも影響を及ぼすことが最近の研究でわかっています。全身の健康を守るためにも、口腔内フローラ、つまり、口の免疫機能も整えていくことが大切と考えられています。おかめ「納豆サイエンスラボ」は、納豆菌研究レポートを紹介する「S-903 納豆菌コラム」をWebサイトで更新。日本大学 松戸歯学部 助教、博士(歯学)で口腔免疫が専門の小林良喜先生が発表した納豆菌によるマウスの口腔内フローラの変化についての研究レポートに紹介しています。


心の栄養不足になったら

2019.07.17 21:50 更新

▽心の悩みや問題に苦しんでいる状態が長く続いてしまうと、「心の栄養不足」になり、以前は張りのあった風船がしぼんだように、心も身体も疲弊してしまうとのこと。まるで井戸が枯れてしまったかのように、「楽しい気持ち」が枯渇してしまい、湧いてこなくなるそうです。

このような心理状態に多く見受けられるのが、「自分が嫌い」という状態とのこと。元気だったころは自分自身が好きだったはずなのに、いつの間にか自分が嫌いになってしまった・・つまり、前提が「嫌い」に変わってしまったのだとか。この結果、仲の良かった友人と不仲のまま同じクラスで過ごすような、おしどり夫婦が頻繁に喧嘩をしたり、関係が冷え込んでしまうような状態になり、心の中が不健康になってしまうそうです。


カラダも喜ぶ牡蠣と肉のマリアージュで夏を乗り切ろう

2019.07.16 20:25 更新

▽全国に26店舗のオイスターバーを展開する「ゼネラル・オイスター」は、7月16日から8月18日まで、カラダも心も元気に夏を乗り切る牡蠣と肉のマリアージュメニューを提供する「牡蠣と肉フェス」を開催するとのこと。

「牡蠣と肉フェス」では、牡蠣のクリーミーさとミネラル感に肉の旨みと脂分がとけあい、夢のようなマリアージュを奏でる贅沢メニューを取り揃えるのだとか。味わいだけではないとのこと。牡蠣には夏を健やかに乗り切るための栄養素、そしてダメージを受けた肌や髪にも嬉しい成分が豊富に含まれているのはよく知られています。


プールの水温設定の大切さ
2019.07.12 23:35 更新
茎わかめの魅力を伝える公式キャラクター「くきりん」が誕生!
2019.07.11 22:27 更新
腹式呼吸をしながら歩くと肩こり・腰痛が改善する?
2019.07.10 23:31 更新
小学6年生の「将来就きたい職業」は男の子が「スポーツ選手」・女の子が「教員」
2019.07.09 19:56 更新
肉料理の脂肪を減らすコツ
2019.07.08 21:16 更新
正しく体を使えているのは100人に1人だけ!?
2019.07.05 18:34 更新
ヨガとピラティスの違いとは?
2019.07.04 22:01 更新
体に必要な栄養素が含まれる肉を上手に食べて健康に
2019.07.03 19:51 更新
みそニンニクで肝臓の若さを保つ
2019.07.02 22:32 更新
貯金実態調査では50代をピークに貯金残高は急降下
2019.07.01 18:10 更新
冷えたおにぎりはダイエットにつながる?
2019.06.28 19:16 更新
貯めにくい環境を生きるアラフィフ世代に贈るお金のバイブル
2019.06.27 16:21 更新
水圧から得られる健康効果とは
2019.06.26 21:55 更新
太らない食事「ロカボ」とは
2019.06.25 18:22 更新
ニンジンが便秘解消に役立つ?
2019.06.24 22:08 更新
水分を失い柔軟性をなくした筋膜はトリガーポイントと呼ばれ痛みを誘発するポイントに
2019.06.21 19:18 更新
体幹を構成する4つの筋肉
2019.06.20 23:35 更新
総延長9万9000キロに及ぶ毛細血管は人体最大のスーパー臓器
2019.06.19 17:35 更新
スキンシップが育む心
2019.06.18 17:28 更新
もち麦のダイエット効果とは?!
2019.06.17 18:52 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ