データ・リポート

富士経済、希釈飲料・緑茶ティーバッグ・健康茶など清涼飲料の市場を調査、希釈飲料はコーヒーのPETボトルタイプの新商品投入相次ぎ2016年から急拡大

2019.05.24 10:23 更新

 富士経済は、本格感を訴求しつつ簡単に淹れられる商品や加工用途が好調な嗜好品、RTDの手軽さから拡大する清涼飲料の市場を調査し、その結果を「2019年 食品マーケティング便覧 No.6」にまとめた。この調査では、嗜好品18品目、清涼飲料6カテゴリー54品目(果実飲料8品目、炭酸飲料8品目、乳性飲料10品目、嗜好飲料11品目、健康飲料11品目、その他飲料6品目)、合計7カテゴリー72品目の市場を分析し、将来を予想した。その結果、希釈飲料はコーヒーのPETボトルタイプの新商品投入相次ぎ2016年から急拡大し、今年はカルピスの周年記念プロモーションの展開も予想され続伸する見通しだ。

 希釈飲料は、シロップ状の原液を水や牛乳などで希釈して飲用する商品を対象とする。殺菌乳製品乳酸菌飲料のアサヒ飲料「カルピス」、健康性を訴求するビネガードリンクが市場をけん引してきた。しかし、これまでポーションタイプが主流だったコーヒー、紅茶、ココア、抹茶ラテなど嗜好系の商品で2016年から2018年にかけてPETボトルタイプの新商品投入が相次ぎ、急速に市場が拡大している。2019年は「カルピス」が発売100周年を迎えることから積極的なプロモーション展開が予想され、拡大が続くとみられる。


イーベイ・ジャパン、越境ECに関する実態調査、越境EC担当者の英語レベルは6割が基礎会話レベル、半数以上が開始1年で越境ECに手ごたえ

2019.04.23 16:28 更新

 イーベイ・ジャパンは、同社の越境EC支援サービスを利用し、世界へ向け越境EC事業を3年以上展開している日本企業111社の担当者111名に、越境ECに関する実態調査を実施した。調査の結果、越境ECビジネスの担当人員の英語レベルは、6割が中学生英語の「基礎会話レベル」であり、半数以上が越境EC開始1年で手ごたえを感じていることがわかった。また、販売カテゴリーのトップ3は、「おもちゃ・ホビー・ゲーム」「ファッション」「カメラ関連」となった。今感じている課題は、「プロモーション」「人員不足」が上位に入り、さらなる販売強化を見据えている企業が多いことが浮き彫りとなった。

 調査ではまず、越境ECビジネスを担当する人員の英語のレベルについて聞いたところ、66.67%が「基礎会話レベル」と回答。「日常会話レベル」が19.82%で続き、「ビジネス会話レベル」の11.71%を大きく上回る結果となった。また、越境ECビジネスに手ごたえを感じたのは「1年目」が49.55%とほぼ半数に。

 さらに、半数以上が1ヵ国だけでなく、複数国で広く販売を展開していることが明らかになった。越境EC支援サービスを利用することで、英語に自信がなくても海外とのビジネスを実施することができ、わずか1年で手ごたえを感じるほどの成果が得られ、さらに多国展開が実現できると、多くのメリットを感じていることがうかがえる結果となった。


アサヒグループ食品、若者世代の働き方やリフレッシュの実態調査、仕事への意識から「7つの働き方タイプ」が判明、自分のタイプを診断できるコンテンツも公開

2019.04.08 16:13 更新

 アサヒグループ食品は、タブレット「MINTIA(ミンティア)」ブランドで、大粒ならではの持続的リフレッシュ価値を提供する「ミンティアブリーズ」から、新商品「ミンティアブリーズ フレッシュグレープ」「ミンティアブリーズ フレッシュレモン」を発売するのにともない、若い世代の働き方やリフレッシュの意識と実態に関する調査を、博報堂キャリジョ研と合同で実施した。この結果、働き方意識には7つのタイプがあり、それぞれに異なる意識を持つことが明らかになった。4月8日から、同調査結果を活用した診断コンテンツ「キャリピ診断~働くあなたが本を出すなら~」を公開した。

 今回、アサヒグループ食品と博報堂キャリジョ研の調査によって判明した働き方意識のタイプは、周りも将来も意識して、要領よく働くちゃっかりキャリアピープル「ちゃっキャリ」、職場の調和と平和を大事にしながらしっかり働く和やかキャリアピープル「和キャリ」、周りに流されず自分の道を極める職人気質な匠キャリアピープル「匠キャリ」、高みを目指して努力し、自分を輝かせたい魅せキャリアピープル「魅せキャリ」、仕事もプライベートも刺激を求めて常に全力のガチンコキャリアピープル「ガチキャリ」、趣味を大事に仕事は定時内できっちり済ませるサクッとキャリアピープル「サクキャリ」、細かいことを気にせず、流れに身を任せて働くナチュラルキャリアピープル「ナチュキャリ」の7つ。それぞれのタイプごとに、働き方に対する意識が異なっているとのこと。


アウタースキン研究所、日焼け止めに関する調査で8割以上の女性が"塗ったのに焼けてしまった"と回答、日焼け止めの使い方が「スキマリスク」を招く原因に
2019.04.02 19:26 更新
GfKジャパン、2018年の玩具販売動向、金額は前年比3%増で基礎玩具・女児玩具・ゲーム分類がいずれも同6%増と成長をけん引
2019.03.27 16:21 更新
TPCマーケティングリサーチ、ロングライフ惣菜市場について調査、2017年度は前年比8.3%増の2022億円に
2019.03.22 18:14 更新
富士経済、清涼飲料の国内市場調査、プレミアム果汁飲料・スムージー・無糖飲料などの伸びに注目
2019.03.18 18:08 更新
矢野経済研究所、国内の健康食品市場の調査、機能性表示食品の拡大が市場の成長を牽引
2019.03.15 18:01 更新
日本マイクロソフト、AIに関する調査結果「Future Ready Business:AIによるビジネスの可能性について」の結果を公表
2019.03.06 12:39 更新
TPCマーケティングリサーチ、ホットドリンクの飲用実態と今後のニーズについて調査、今冬のホットドリンクの飲用率は前回よりダウン
2019.03.05 11:18 更新
GfKジャパン、2018年電動アシスト自転車の販売動向、台数・金額ともに前年から2割伸長
2019.02.28 10:07 更新
富士経済、機能志向食品の国内市場調査、ダイエットサポート商品やボディメイクをサポートするプロテイン配合商品が続伸
2019.02.26 14:48 更新
敏感肌用スキンケアブランド「アルージェ」が「恋愛とスキンケア」に関するWEB調査を実施、肌荒れのせいで好きな異性に会いたくない人は4割に
2019.02.20 17:08 更新
ハイサイド・コーポレーション、ドクターズコスメに関するインターネット調査、ドクターズコスメ使用者は他人から肌を褒められる傾向に
2019.02.06 18:08 更新
TPCマーケティングリサーチ、サラダチキンのマーケティング提案について調査、「サラダチキン」を「週1回以上」使用するヘビーユーザーは「男性の20代・30代」
2019.01.22 18:23 更新
矢野経済研究所、国内スポーツアパレル市場(2018年)調査、日常生活で使える汎用性の高いウエアの好調が市場を牽引し2018年はプラス成長の見込み
2019.01.22 15:51 更新
富士経済、天然由来の機能性素材の市場調査と消費者アンケート調査結果、2025年国内市場予測では天然由来の機能性素材が2750億円に
2019.01.09 16:40 更新
バイドゥ、携帯事情における世代別意識調査、平成生まれと昭和生まれのギャップが浮き彫りに、昭和生まれの9割は"逆パカ"を知らない
2018.12.26 21:00 更新
パナソニック、「残念シェーバー」に関する意識・実態調査、電気シェーバーの乗り換えで不満や残念と感じたユーザーは約8割に
2018.12.25 19:21 更新
富士経済、健康志向食品市場の調査、伸び緩やかも2018年・2019年と拡大が続く
2018.12.25 18:52 更新
TPCマーケティングリサーチ、スーパー惣菜/CVS・FF商品戦略・開発動向について調査、2018年度は好調な推移が続き前年比2.1%増の3兆8271億円となる見込み
2018.12.25 18:47 更新
富士経済、第2弾国内トイレタリー用品市場調査、2018年市場は不快臭ケアが427億円・秋・冬シーズン商品が611億円を見込む
2018.12.14 12:03 更新
TPCマーケティングリサーチ、食系企業のR&D戦略について調査、食系企業27社の連結研究開発費は前年比2.5%増の3918億6000万円でR&D比率は2.0%に
2018.12.14 11:55 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ